◆美人の代名詞♪♪立てば=『しゃくやく(芍薬)』の花言葉

0

     

     

    こちらのお花の季節が、

    また近づいて来ましたので

    花言葉と合わせて

    ご紹介〜です☆

     

    古くから、人々に愛され続け

    牡丹(ボタン)と並び、

    風情ある

    大きなお花と言えば・・

    これこれ↓

     

    美人の例えとしても

    有名過ぎますが

    一応・・・

     

    立てば芍薬(シャクヤク)

     

     座れば牡丹(ボタン)、

      

      歩く姿は百合(ユリ)の花

     

    その中の一つ

    芍薬ですかわいい

    ↑一重咲きや、翁咲き、

    比較的に花びらが少ない

    ちょっと大人しい感じ?の

    写真の様な種類は、

    『和シャクヤク』と呼ばれています。

    まず、こちらがお花屋さんに

    先に入荷します。

     

     

    ↑それに対して、花びらの枚数が多く、

    甘い香りがあったりする

    華麗な感じの

    ヨーロッパなどで

    育成されたものを

    『洋シャクヤク』と呼んだりします。

    (淡いピンクのイザベルとかが有名ですね)

    こっちは、ちょっと遅れて

    花屋さんに並びます。

     

     

    青い花びんに、活けてある品種は

    <あけぼの>です。

    あの濃いピンクが

     

    花が開いて

    数日過ぎると・・うすいピンクへ

     

    そして・・ほぼ白っぽいピンク色に

    色が変化していきます!?

    是非、飾って見てほしいです。

    淡い色あいが綺麗です♪♪

     

     

    シャクヤクは

    ボタン科 ボタン属で

    一見すると、木の様にも見えますが、

    草の分類で、多年草になります。

    軽く曲げたりしてみると、

    茎が柔らかいです(^^)

    葉っぱの形も、花の色も様々

    たくさんの種類がありますよ。

     

    花言葉は


    『恥じらい』、『はにかみ』

     

     

      『慎ましさ』、『謙遜』

         

          
     

    〜この花言葉の由来の一つとして〜

    シャクヤクは日中、

    華麗な花を咲かせますが、

    夕方には、また蕾の様に花が閉じる!

    性質を持っています。

    (種類によっては変わりますが)

     

    この咲いては閉じる=はにかみや、

    奥ゆかしさ?を

    その時代の美人のイメージと

    重ねたという説があるそうです(^^)

    暗い部屋に置くと・・・

    満開だった花も・・

    また小さくつぼみました!!

     

    花屋さんなどの、キーパー内では

    電気が点いていると、夕方に

    閉じる姿は見ないかも、、ですねおてんき

     

     

    ところで・・

    芍薬は、固い蕾(つぼみ)でも

    日当たりや温度によっては

    アッという間に

    花が全開になります(>>)

    こんなにガチガチなのに

    数時間で開いてしまう時もあります。。

    逆に、、全然開かない物も。。。

    狙って咲かせるのは難しい〜〜あせあせ

     

    芍薬は花が咲くと・・・

    特に、長持ちしないと

    思ってしまうんですが、

    花が開いても、すぐに散って

    しまうサインじゃなかった!!

    って事でムード

     

     

    この上品で優しい花姿を

    見守ってあげて下さいね〜☆

     

    by 風の花

     


    ◆冬の間も咲き続ける『さざんか』の花言葉

    0

       

      冬はホントに寒いですね(><)。

      朝から、、地面に霜や氷が張ったり

      そんな時は、、庭や街路樹も枯れ、

      少しさみしい風景が続きます。

      そんな中でも、この花だけは

      花や葉が凍っても、

      それでも負けずに咲き続けています(^^)

      庭や街路樹で、清楚に可愛らしくも

      強く咲き続ける、お姫様かわいい

       

      この花の名前は

      山茶花(サザンカ)・・別名=「ひめつばき」

      とも呼ばれ、秋頃〜〜早春の2月頃まで

      ずっと咲き続ける開花期間の長いお花です。

      ツバキ科の仲間なので

      とても、椿に似ていますね(^^)

      山茶花と椿

      見分け方のポイントは・・・

       

      <花の散り方で>

      サザンカは花びらが、完全に開いて

      パラッと一気に散ります。    

      一方、ツバキは開き切らず、   

      あの有名な花首が丸ごとポロッと 

      落ちて散ります。。       

      (サザンカの花)

       

      <葉っぱの形とかで>

      サザンカは葉や枝に毛があり、

      縁がギザギザしている。   

      ツバキはツルツルで丸くて、 

      葉が分厚い特徴があります。 

      (サザンカの葉)

       

      花言葉は


        『愛敬(あいぎょう)』『ひたむき』

       

          『困難に打ち勝つ』

       

      赤・ピンク系 『理性』 『謙虚・謙譲』

       白色 『理想の恋』 『ひたむきな愛』

       

      冬の寒い中でも、耐えて綺麗な花を

      咲かせ続けるそのひたむきさが、

      この花に合っているみたい、です(^^ね

         

      ♡ハートが隠れてましたよワッ!

       

       

      by 風の花

       


      ◆お蕎麦(そば)は、やっぱり十割そば♪花言葉もあります(笑)

      0

         

        こんにちは〜

        今日の、ピックアップ植物

        &花言葉は

        和食の代表・おそばです(笑)

         

        私ども

        アトリエ・月のみちかけの活動エリア

        からお届けします!

         

        神奈川県・秦野市の

        手打ちそば 石庄庵 さんです。

         

        種から育て、生地まで全部

        自家製で一貫した

        そば粉100%で作った

        春穫り1番の十割そばセットです。小麦粉のつなぎ無し!

        歯ごたえやコシが粘りっこくて?

        美味しいですよ♪♪

        サラダに入ってるのが、そばの若い葉っぱ。

        右下のそば粉を練ったものが、そばがき。

        そして、デザートは蕎麦のわらび餅です☆

        そば湯もマイルド♪

         

        と、これがサラダに入ってる

        シャキシャキの

        そばの若葉です。

         

         

        そばは、タデ科・ソバ属の植物です。

        2〜3カ月で収穫出来るほど成長が早いので

        シーズンで2回とか、栽培も出来ちゃうとか・・

        あと丈夫との事です。

        これは、是非、育ててみたい〜(笑)

         

        見渡す限りの白いそばの花の

        カーペットです♪小さくて綺麗ですよ〜〜

        結構、背丈が高いので

        庭に植えるには不向きかも。。です

         

        そばの花言葉は

         

        『懐かしい思いで』『喜びも悲しみも』

          

           『あなたを救う』 『幸福』

        荒地でも育ち、小さい花の中に

        芯とした強さがある様子ですね(^^)

         

        もしも、

        お蕎麦をプレゼントされたなら、、

        守られてるみたいな幸せなんですね☆

         

            by 風の花

         


        ◆ちょっと番外編で、、「ジャガイモ」にも花言葉(^^)

        0

          ちょっと、これ見てください!
          自分は見た事なかったので、
          このジャガイモ思わずブログに
          写真載せてしまいました!


          調べたら、北海道とかで
          栽培される品種っぽくて、
          シャドークイーンとか?言うそうです。
          皮を剥いてって
          中を見ると気持ち悪いぐらい
          ホントに紫色なんですよね(笑)

          私が発見した時は、
          ジャガイモの芽が伸びまくりで、、
          すごい毒々しくて、、
          片隅に転がってました。。
          これは、誰も
          食べる気にならなかったのかも(^^;

          とりあえず、怖いものみたさに
          興味が湧いたので、
          レンチン♪して
          食べてみました〜(^^;


          味は・・
          あっさりしてて、
          ジャガイモ臭さが、あまり無いです。。
          ホクホクの男爵種では無くて、
          メークイーン種です。
          特徴としては、とにかく、
          もっちりしてて、
          弾力と粘りがすごい!
          この不思議な感覚は、
          サトイモのぬめりがなくなり、
          いつまでも口の中に
          残り続けるような感じ(^^;汗

          このテが好きな人はクセになるかも?!

          カレーに入れてみたら、
          もちもち触感が非常に合いましたよ。
          見た目に反して美味しいです(^^)

          ちなみに、ジャガイモにも
          花言葉があるの
          ご存知でしたか??


          『慈善』、『慈愛』、『情け深い』、『恩恵』



          との事です。

          ジャガイモはナス科のナス属で
          荒れ地でも育ち、寒さにも強く
          丈夫な野菜です。
          かつて、いくつもの飢餓を救った
          非常時の食物としても有名ですが、
          花言葉はそんな救いのイメージから
          来ているのでしょうね(*^^*)

          最初は、その花を観賞するだけだった
          ジャガイモ。。
          ハーブや野菜のお花って、
          意外なんですが、
          かわいい花が
          多いんですよねかわいい
          育てた方しか
          お目にかかれないのが
          勿体無いほどです。。
          (^^)\アトリエ・月のみちかけでも
          育てたら、アップしますね☆

          by 風の花


          ◆「スイセン<水仙>」・花言葉

          0

             

            ふと見かけた植物を
            ご紹介して、ついでに
            花言葉も覚えてしまおう!のコーナーですが、
            今日は春の球根・水仙です。


            早春から咲きはじめ、長い間楽しめる
            お花ですが、こんな荒地で

            乾燥しても、水をやり過ぎて

            湿ってしまっても、、

            ずっと植えっぱなしで、

            毎年咲いてくれます。

            寒さにも強く、甘い香りもしてGOODるんるん

            手間いらずで、どんな方でも簡単に育てられます☆

            と、
            いい事ずくめ〜です(^^)q

            可愛らしさに加えて

            このたくましさも

            魅力でしょうか(笑)

            写真のスイセンは
            “テータテート”という園芸品種です。

             

            こちらは白い花で
            日本の野山にも自生していて
            お正月にも、よく飾られる

            日本水仙です。

            こんな風に、増えて群生し易いです(^^)


            スイセンは種類も多く
            野生化して、
            至る所に咲いておりますので、
            見かける機会が多い花だと思います。
            お散歩した時などに、ちょっと探すと
            スグに見つかりますよ(^^)是非!

            花言葉は
            全般的に『気高さ』、『うぬぼれ』

             『自己愛』、『エゴイズム』

            白いスイセン『尊敬』、『神秘』

            黄色いスイセン

            『もう一度愛してほしい』

              『愛に応えて』

            言葉の由来は
            ギリシア神話の美少年
            ナルキッソスからきています。

             

            とても美しい少年は、たくさんの女性から
            愛のアプローチを受けていましたが、
            自らの美しさに酔い、それを鼻にかけて、
            女性の心を傷つけ
            他の誰も愛そうとはしませんでした。。

            それを見かねた復讐の女神ネメシスは
            呪いをかけました。
            それは自分自身に恋するというものでした・・

            ナルキッソスは水面に映る
            自分の姿に恋をし、毎日、毎日、
            水面を眺めては、届かぬ思いに身を焦がし
            やがて食事さえも
            のどを通らなくなり、
            最後には動かなくなってしまうのです。

             

            その後、
            彼が座っていた水辺には、
            1本の水仙が咲いていました。

            そう、それは
            ナルキッソスが
            生まれ変わった姿だったのです。


            だから、スイセンのお花はうつむく様に
            下を向いて咲くという
            お話しでした(^^


            ナルシストの語源も
            このお話しからきているという

            こちらのギリシャの神話は
            有名ですね。。

            水仙は活け花やお花屋さんなどで
            陰のお花として扱われ易い

            花ですが、
            飾った時の
            その清楚で野に咲く
            凛とした美しさは
            とても魅力的です(^^)

            個人的には
            スイセン特有の
            甘い香りが大好きですかわいい

            by 風の花


            1

            selected entries

            categories

            月の満ち欠け カレンダー   今日の月の姿はこちら☆

            Today's Moon phase

            archives

            links

            profile

            書いた記事数:102 最後に更新した日:2017/12/03

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM