◆秋らしい活け花を飾る●その2

0

     

    こんにちはっ

    秋も深くなり、寒くなってきました。

    花にとっては、

    長持ちし易い時期なんですけど、

    人には肌寒いです。。。

    暖房器具温泉

    本格的な使用が

    必要な感じですか(^^

     

    さて、

    活け花を飾る時は、必ず季節の花を使って

    風情を大切にします☆

     

    水盤 参考価格 ¥1,300〜¥1,500(花材費) 

    リンドウ×3、久留米ケイトウ×5

    ユーカリ×2〜3

    上から見ると、それぞれ基本の形である

    花の三角形が作られています。

    一番、安定するバランスの取り方です☆

    フラワーアレンジも原理は同じ♪

     

    ところで、

    飾り方には、

    大きく分けて、2つの方法

    があります。

     

    上の写真の様に、水盤と呼ばれる

    平べったい器に、

    剣山と呼ばれる、こんな道具で

    茎を挿して止める方法と

     

    もう一つは

    大小さまざまな壺や

    花瓶に直接、花や木を

    そのまま自由自在に挿す、

    投げ入れと言う方法です。

     

    壺活け 参考価格 ¥1,000〜¥1,500(花材費) 

    深山リンドウ×3、ボケの木×2、クジャク草×3

    深い色合いの、こちらの深山リンドウは、しっかりと

    花が開くので、秋にピッタリもみじ

    とてもきれいな品種です♪

     

    同じ材料を使っても

    飾る場所や、器が変われば

    それだけでも全然、様子が変わってきます。

    ↓左から見たところ

    ↓右から見たところ

    花を飾る人、観る人

    その数だけ・・綺麗な風景があるぴかぴか

    (^^)そんなお花を、飾ってみませんか

     

    壺活け 参考価格 ¥1,000〜¥1,500(花材費) 

    野ばら×3〜5 一種活け

    ↓は木と木を重ね合わせただけで

    何も使わず固定してますが、

    それでも、しっかりと動きません。

    一種類だけは

    特に難しくて、、私も全然修行中ですが。。

    これは、極めて行くと、、キリが無いくらい

    とにかく時間が掛かります。。終着点あるのかなあせあせ

     

    難しさは、剣山に挿す方が

    簡単で初心者向きです。

    これから習い始めると

    先ずは、水盤に

    剣山からになると思います。(^^ょ

     

    フラワーアレンジメントも、

    オアシスというスポンジを使って

    固定する仕組みは同じですムード

     

    壺活け 参考価格 ¥1,500〜¥1,800(花材費) 

    嵯峨ギク×3、南天(紅葉)×3、小菊×3

    こんな風に、竹籠でも、ざる、水筒、

    お茶碗、湯呑み、小鉢やコップ、お皿、

    丼ぶりでも・・・etc

     

    竹筒と笊(ざる) 参考価格 ¥1,500〜(花材費) 

    嵯峨菊×3、小菊×3、

    紅葉の雪柳×3

    水を切る用途で使うザルや、水を入れる竹筒が

    風情ある、花飾りへと☆

    (このザルは花飾り用に作られたものですが、

    普通のザルでも構いません)

     

    テーブルの

    スープカップ 参考価格 ¥150〜¥200(花材費) 

    リンドウ×1(一本の花だけをたくさんまとめて)

    青い色が、光に当たって

    とてもキレイです。料理も美味しくなりますよ☆

     

    そこら辺にある

    水が入れば、何でも

    お花と組み合わせて

    飾れるのも、

    草、木、花、一本からでもOKな

    活け花の魅力?でしょうか(^^)

     

    それでは、またっるんるん

    花に興味を持って頂ける様に

    &お花仲間かわいいを世界に

    増やすため(笑)

    フラワーアレンジと

    活け花のそれぞれの

    違いと良さを、地道に

    お伝えしていきたいと思います〜☆

     

    つづく

     

    by 風の花

     

    ◆秋らしい活け花を飾る●


    ◆秋らしい活け花を飾る●

    0

       

      こんにちは

      9月も終わりに近づいています。

      暑さも寒さも彼岸まで。。

      残暑もようやく治まり、

      過ごしやすくなる季節のはじまり♪

      の、はずが、、

      雨続きのせいか

      なんだが寒いですね(>>

       

      実りの秋☆

      この季節の良さをずっと

      感じていたいですね〜

      紅葉の行楽シーズンも良いですね

      最近はインドア続きですが、、

      実はアウトドアの方が好きです(笑)

      しかし、、

      気付いたらXmasとかになっていそうな(^^;

       

      ところで、

      秋のお花の美しさと言えば、

      やはり、季節の変わり目を

      一番感じやすい

      紅葉の色や、その渋い色合いが特徴に

      なってきます。

       

      壺活け 参考価格 ¥2,500〜¥3,000(花材費) 

      ピンポンマム×5、野バラ×3、

      紅葉アジサイ×2、紅葉雪柳×3〜5

      まん丸のピンポンマムが空中に浮いてる?!みたいで

      可愛いですね。よく満月に見立てられたりします。好きな花です☆

       

      展覧会や会場のお花の様に、、

      目立つ趣向を凝らしたものだけが

      『いけばな』ではありません(^^)

       

      生活の中の、身近な所に

      自然の風景を置いて、人の心や

      空間に彩りをそっと添えている

      小さなものも、

      同じ活け花なんですかわいい

      決して、特別なものではありません汗

      誰でも覚えられるし、飾れるムード

       

      壺活け 参考価格 ¥1,200〜¥1,500(花材費) 

      アマランサス(紐ゲイトウ)×1、

      輪カーネーション(オレンジ)×2

      ソリダスター×3、ビバーナム?(黒葉)×3〜5

      こんなに少ないものでも、何でも大丈夫!

      1本でも、花や葉や木々があれば、

      それだけで、活け花は飾れちゃいます♪

      ココがフラワーアレンジメントとの

      違いの一つでしょうか

      (それぞれに違う良さがありますよ♪)

       

      水盤 参考価格 ¥1,500〜(花材費)

      ススキ×5、ワレモコウ×3、ひまわり(小輪)×5

      リンドウ×3〜5、カスミ草×1〜2

      ケイトウ(ストロベリー・キャンドル)×3〜5

      秋のお月見のお花です。ひまわりをお月さまに

      見立てて、秋の七草の様に

      たくさんの花が咲いている様子を表しています☆

      水面に浮かぶ月へと

      イメージが広がっていきます

       

      壺活け 参考価格 ¥2,000〜¥2,500(花材費) 

      ツルウメモドキ×3、ドウダンツツジ(紅葉)×2〜3

      小菊(赤)×3

      枝の曲線のやわらかさは、秋の感じと

      暖かさをイメージさせますもみじ

       

      秋のお花を飾る時には、黄色やオレンジ、

      赤色などの暖色を多く使う事で、

      季節感に深みやあたたかさを

      取り入れて表現できます。

       

      大切で簡単な極意は・・

      春には春の風景を、

      秋には秋の風景を!です(笑)

      これが一番のポイントなんです

       

      もみじと春チューリップは、花や草や木が

      一年で最も多い時期です。

      ちょっと興味が出たら、

      見まわしてみて下さい。

       

      いろんな所に花達は隠れてますよ〜(笑)

       

      お蕎麦屋さんとかレストラン、

      美容室の中とか、病院の受付とか、公共の施設etc.

       

      by 風の花

       

      ◆秋らしい活け花を飾る●その2


      ◆初夏〜夏のいけばな

      0

         

        月みち☽

        春夏秋冬、いつでも

        花と緑のある暮らしを

        応援します♪♪

         

        夏には夏だけの花や

        飾り方があります☆

        色んなお花を

        試してみましょ(^^)

         

        水盤  参考価格 ¥〜1,500(花材費)
        ディアボロ(大枝)×3 1本¥400〜500

        枝物の1種活け

        別名 :西洋シモツケとも言われます。

        バラ科のこの木

        (アメリカ・テマリ・シモツケ)は、

        コデマリの様なフワフワな花も魅力ですね☆

        ライン(線)を活かし、すーーっと

        横へ伸ばしました。

        花器の左側を半分開け、水面がなるべく

        多く見える様にします。

        池などを連想すると、夏の涼しさのヒントと

        コツが掴めるかも知れませんね(^^)

        大体の枝物と呼ばれるものは、

        長持ちし易いので

        花が持ちにくい様な、

        夏の飾りにも適している花材と言えます。

         

         

        水盤(透明のお皿)  参考価格 ¥200〜(花材費)
        ボリジの花(ハーブ)×5〜7、 

         ボリジの葉(ハーブ)×2〜 

        1種活け

        これは浮き花と言われます。

        摘み取ったハーブを

        そっと、水面に浮かべるだけで、

        簡単に活け花にぴかぴか

        涼しい感じがしませんか〜るんるん

        器はキッチン等にあるお皿です(^^)

        お花用の器じゃない物を使うので、

        変形花器と呼んでいます。

        花と入れ物があれば、

        それで飾れちゃう!!

         

        更に、こんな風に

        製氷皿に入れて〜〜

        冷凍庫へ・・・

        凍らせれば、フレッシュ・ハーブの完成です♪

        透明なグラスに飲み物と一緒に入れると、

        見た目にも、お洒落なワイングラスバー

        花の氷が完成です(^^)

        これを色んな、花でたくさん作って

        パズルみたいに、

        並べても面白いものが出来そう☆☆

        絵にしてみたり〜〜etc.

        遊び心でアート

         

        コンポート  参考価格 ¥1,500〜(花材費)
        バラ×3、SPデルフィニウム(水色)×5
        スモーク・ツリー(大)×1〜2

        花器の下に長い足が付いている

        この様な形のものを

        コンポートと呼びます。

        この器自体が高さを、強調する作りなので、

        花を垂れ下げたり、横に伸ばして

        使う方法にも適しています。

         

        ポイントは、スモークツリーの

        使い方で、柔らかく

        ふわふわに全体を覆ってます。

         

        アレンジメントを作る時など、

        葉(グリーン)が無いと、、

        オアシス隠しや間を埋めるのが

        大変と良く聞きますが・・

        こんな風に、グリーンが全く無くても

        飾れる方法を覚えておくと

        1ランクupします上向き

         

         

        水盤  参考価格 ¥1,500〜(花材費)
        ピンクッション×3、キイチゴ×3〜5

        アルストロメリア(黄)×3

        トロピカルで個性の強い

        ピンクッションの花がメインかわいい

         

        色の強い花を使う場合は

        ,修譴鯱造蕕欧訖Г鮑ぜる

        同じくらい強い色をぶつけてみる

        そうするコトで、

        バランスが取れてきます。

         

        ※写真は、グリーンと

        淡いイエローで色を

        和らげた使い方ですね。。

         

         

        夏に飾ったり、

        作られるお花は、

        大まかに2つに分けると

         

        \屬箍色、緑などの色を使って

        熱々の、南国風に

         

        ∪弔篁隋白色などで、

        見た目にも、涼しさを表現

         

        この、

        どちらかになってるのかな〜と

        いつも思います。

         

        みなさんは

        どちらがお好みですかワッ!

         

        bY 風の花


        ◆いけばなの一つは、区切るという事?!

        0

           

          こんにちは〜

          今回の活け花は

          春の定番である

          チューリップチューリップをメインにして

          飾ってみました。

           

          水盤  参考価格 ¥1,500〜(花材費)
          チューリップ×3、ゼンマイ×5
          ワックスフラワー(大)×3
          SPカーネーション×3、黒芽柳×2

          チューリップは、群生して

          咲くものなので、同じ場所にまとめます。

          そして、高さもあまり変化をつけません。

          自然に咲いているチューリップを

          観察してみると・・

          ほぼ同じ高さで、咲いてませんか??

          ワックスフラワーを、低く根元の

          1か所にまとめて、茂りを作ります。

          イメージとしては、ツツジや垣根などの

          密生した緑のかたまりです。

           

          左側はたくさん!、右側は少なく。。

          混んだ所と、透いた所

          処によっては

          疎(ソ)・密(ミツ)とも言われたりもしますね(^^

          ※同じ木でも、日が当たる面なら

          葉はモサモサですが、

          日が当たらない面なら、

          葉の成長は、まばらになりますよねひらめき

           

          自然美をなるべくそのままに

          活かすのも、いけばなの一つです。

          木や芽は、草や花より高く伸び伸びと

          チューリップは真っ直ぐに、

          地面には、草がそうそうと茂る・・etc..

          チューリップの黄色と

          SPカーネーションの黄

          同じ黄色が混ざると

          存在感が弱くなります。 

           

          これを

          避ける為にも

          ワックスフラワーの緑色の

          茂みは効果的なんです。

           

          花や草木の種類ごとに、

          混ぜずに離して使う。

          こうして区切るコトで、

          全部のお花が見えてきますよねるんるんるんるん

           

          今回は

          『いけばな独特の

          色やそれぞれを区切って、

          尚、全体を調和させる!!

          でした。

           

          シンプルな中に自然と計算された

          日本の文化ですかわいい

           

          by 風の花

           

           

          追加

           

          2週間後の様子

          ・チューリップは花が最大に大きくなって、

          シワシワになって散ります。

          ・黒目柳は芽が出て、葉が茂っていきます。

          (柳類は根が出て、、半年ぐらいは持ちます。。)

          ・ゼンマイは芽が伸びて、

          クルクル巻きが真っ直ぐに!

          ・SPカーネーションのつぼみは

          花が咲きました〜、2〜3週間ぐらい持ちます。

          ・固かった、つぼみのワックスフラワーは、

          白い花が咲きました。

           

           

          アレンジも活け込みも

          時間が経って行くコトを

          イメージして作りましょう(^^

          その場限りのキレイぴかぴかから

          更にステップアップ♪

          飾った後に、だんだん変化しても

          綺麗だったら、

          相手は気付かないかも

          しれないけど、花にも人にも

          +@になりそうですね

           


          ◆ひな祭りを活けてみます☆

          0

             

            桃の花が、お店や

            お花屋さんに出回るのは

            この時期だけでするんるん

            機会を見逃さずに飾りましょうかわいい

             

            桃の節句を

            普段使いで飾る

            投げ入れ 参考価格 ¥1,500〜(花材費) 

            桃(大)×1、ムシカリの枝(花付き)×2

            アイリス(スターチェリー)×1

            金魚草×1、SPカーネーション×3〜4

             

            この活け方のポイント

            先ず、桃の花は基本的には真っ直ぐ立てて使いましょう

            これは、女の子がまっすぐのびのびと

            育つようにという願いも込めて

            桃の木らしい自然本来の姿を大切にする

            ためです。

             

            アイリスが、おびな(男雛)

            金魚草が、めびな(女雛)

            カーネーションやムシカリの枝が

            三人官女や五人囃子の役を演じます☆

             

            上から順番に

            段々をつけて挿してくるコトと

            ピンクや赤、黄色、白などの

            春やお祝いの色を使って

            それぞれを表しています。

            こんな風に、デザインの中に

            ちょっとした構想を盛り込んでおくと

            少し楽に飾れます(^^ょ

             

            アイリスの代わりに

            今の時期なら、

            カラーとかでも合いますねぴかぴか

            金魚草も色を変えたり

            他の好きな花でもOK

            あえて『一本だけで』

            使うからこそ

            意味が出る方法です〜(^^)

            横からみた所・・

             

            「前のめりに、少し倒して飾るチャペル

             

            「アレンジメントは真っ直ぐ挿すチャペル

             

            ここが両者の基本的な

            大きな違い

            慣れないと、作る時どちらかに

            そのクセが出やすい??です

            要注意!!

             

             

            この時期に

            桃が入った時点で、ひな祭りが

            すでに出来てしまっている

            いけばなでした☆彡

            (^^)

             

            →その他の

            ひな祭りについてはこちらも

             

            by 風の花

             

             

             


            ◆のびのび春を活ける☆+菜の花

            0

               

              お花屋さんに普通に売っている

              季節の花材で!

              春を活けてみましょう(^^)

               

              盛り花 参考価格 ¥1,700前後(花材費) 

              ボケ×2、菜の花×1〜3(ピンポンマム×2代用)

              spカーネーション(スターチェリー)×3

              チース×1、アズキ柳(大)×1

               

              縦横に伸びるボケの枝と、黄色い菜の花、

              星の形をしたスター・チェリー

              (spカーネーション)を基本にして、

              バックに小豆柳の芽吹きを

              一か所にまとめて入れます。

              小さな芽〜花が咲いていく、

              春らしい様子を表しています。

              今回のポイントはズバリ『代用』です!!

              菜の花が使いたかったんですが、、

              良い物がちょうど一本しか無かったので〜

              菜の花の代わりに、ピンポンマムを

              使っています。

              『これは大きさと形が似ているものを

              同じ色として使おう♪』

              という方法です(^^)

               

              こうすると、バラバラの材料でも

              統一した感じに

              使用するコトが出来ますよ〜〜

              という使えるテクニックです。

               

              花束&アレンジ

              何にでも応用出来てしまいますから。

              是非っ(^^)

               

               

              ところで菜の花といえば、

              ここ。

              神奈川県中郡二宮町の

              『吾妻山公園』です

               

              こちらの菜の花畑は

              全国有数で知る人ぞ知る

              とても綺麗な所なんですよ♪

               

              <シーズン真っ盛りの様子>

              郊外〜の保養や避暑地

              (全盛期の大磯ロングビーチなど)

              又、小田原の宿場町近郊として

              かつては活け花なども、

              とても盛んであったと聞きます。。

               

              風が花の勉強をするコトになった

              スタート地点の所でもあります汗

               

              満開の菜の花は

              とても見応えありっかわいい

              駅近で、山という感じではなく

              気楽にハイキングで

              行くのに適しています。

               

              <1月初め、日の出の展望>

              吾妻山の上からは、富士山や

              逗子〜伊豆の海の両方が見渡せ、

              とても気持ちいいです〜。

              シーズン毎に、たくさんの水仙や

              <水仙の花言葉はこちら>

              桜なども見どころと

              なっています。

              興味があったら是非っ

               

              >菜の花の花言葉はこちらへ

               

              by 風の花


              ◆冬〜早春の活け花

              0

                 

                それでは

                冬〜春先にかけて

                花屋さんに出回る

                季節のお花を活けてみまするんるん

                 

                水盤 参考価格 ¥1,500前後(花材費) 

                南天×3、日本水仙×3(4枚葉)、小菊×3(黄)

                年末年始に出回る

                ポピュラーな花材の組み合わせで

                お正月にも飾れますかどまつ

                <清風明月>禅語です☆

                「清風明月を払い、明月清風を払う」

                美しく輝く月はそれだけでただ美しい。

                さわやかで清らかな風は

                それだけでひたすら爽快だ。

                その二つがお互いに主人となったり

                お客になったりしながらその美を極めている。

                その自然美の極致は決して

                ありきたりの言葉で表現することは出来ない。

                 

                清風が明月を払うように吹いているのか、

                はたまた、明月が清風をはらっているのか、

                分別の意識がはたらく前の原体験・・

                人はあまりにも多く、この世の知識を

                身に着けすぎて、幸せを忘れていませんか

                などなど..

                いろいろな解釈があります

                お茶湯のみの席では秋を表す季語で飾る様ですが

                情景がキレイなので季節問わずに好きですムード

                南天→松や梅に、スイセンを→季節の花に、

                小菊を→千両や葉ボタンなどに

                変えても、完成する基本中の基本形です☆

                先ずはコレを覚えましょうかわいい

                 

                 by 風の花


                1

                selected entries

                categories

                月の満ち欠け カレンダー   今日の月の姿はこちら☆

                Today's Moon phase

                archives

                links

                profile

                書いた記事数:102 最後に更新した日:2017/12/03

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM