◆ひな祭りを活けてみます☆

0

     

    桃の花が、お店や

    お花屋さんに出回るのは

    この時期だけでするんるん

    機会を見逃さずに飾りましょうかわいい

     

    桃の節句を

    普段使いで飾る

    投げ入れ 参考価格 ¥1,500〜(花材費) 

    桃(大)×1、ムシカリの枝(花付き)×2

    アイリス(スターチェリー)×1

    金魚草×1、SPカーネーション×3〜4

     

    この活け方のポイント

    先ず、桃の花は基本的には真っ直ぐ立てて使いましょう

    これは、女の子がまっすぐのびのびと

    育つようにという願いも込めて

    桃の木らしい自然本来の姿を大切にする

    ためです。

     

    アイリスが、おびな(男雛)

    金魚草が、めびな(女雛)

    カーネーションやムシカリの枝が

    三人官女や五人囃子の役を演じます☆

     

    上から順番に

    段々をつけて挿してくるコトと

    ピンクや赤、黄色、白などの

    春やお祝いの色を使って

    それぞれを表しています。

    こんな風に、デザインの中に

    ちょっとした構想を盛り込んでおくと

    少し楽に飾れます(^^ょ

     

    アイリスの代わりに

    今の時期なら、

    カラーとかでも合いますねぴかぴか

    金魚草も色を変えたり

    他の好きな花でもOK

    あえて『一本だけで』

    使うからこそ

    意味が出る方法です〜(^^)

    横からみた所・・

     

    「前のめりに、少し倒して飾るチャペル

     

    「アレンジメントは真っ直ぐ挿すチャペル

     

    ここが両者の基本的な

    大きな違い

    慣れないと、作る時どちらかに

    そのクセが出やすい??です

    要注意!!

     

     

    この時期に

    桃が入った時点で、ひな祭りが

    すでに出来てしまっている

    いけばなでした☆彡

    (^^)

     

    →その他の

    ひな祭りについてはこちらも

     

    by 風の花

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    categories

    月の満ち欠け カレンダー   今日の月の姿はこちら☆

    Today's Moon phase

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:102 最後に更新した日:2017/12/03

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM