◆お花を買った後に、、困った。(^^)ら

0

    こんにちは!
    今回は活け花の感覚で
    お花を飾るコツをちょっと
    お話ししてみましょう。(^^)


    みなさんは
    どこかのお店やスーパーなどで
    お花を買う時に、
    何をどんな風に選びますか??

    お花屋さんのアドバイスなどで選んでもらいます!
    って方も多いと思います。

    きっと、お花の経験や心得がある方は、
    ご自分でお花を選ぶでしょうから・・・

    一番、安全で間違いは少ない方法ですよね☆

    私達もプロなので、お客さんのお話しを
    聞いて予算やご都合が最も合うであろう
    お花をアドバイスします。
    でも、、いつも思っていましたが
    お家に帰って、お花を
    実際に飾るのは
    買った人なんですよね。。。


    そうすると、花瓶や壺などに
    すぐに挿せる様に、
    形を作ってくださいって、
    注文されるのかなと思います。(^^)

    ゴムや紐で縛ったものを、花束で渡されて
    お家に帰って、いざ、花瓶に挿してみたら・・
    真っ直ぐ立たない、、ぐらぐらする、、
    長さが合わないとか、、
    どうしても起こるコトがあると
    思うんですよねあせあせ

    ↑こんな時は、束ねてあったものを
    解いて、直しているのかなと、、
    常々思ったりします。
    そんな時に少しでも
    飾り方の仕組みやコツが
    分かったら、ちょっと変わるのでは
    ないでしょうか(^^)


    こちらは、鉄砲ユリとマンサクの花、ツツジです。
    最も安定してポピュラーな
    3種生けと言われるものです


    今回の飾るポイントは
    長い枝やお花は、そのまま長く飾る
    より自然の落ち着きと安心感が出ます。
    (マンサクの枝)

    主役になる、特徴ある形や大きいお花は
    中位の場所〜低めに

    目立つ正面近くに飾ると安定し易いです。(テッポウユリ)

    細かいお花や
    モサモサした緑は、一番下に
    まとめて飾る
    と、上のお花が
    グラグラしにくくなり、存在感も良く
    出てきます。(ツツジ)



    こちらは
    お花の種類をテッポウユリとツツジ
    だけの2種類に減らして飾った
    2種生けです。

    一般的に、飾る種類や本数が
    少なければ少ないほど
    それぞれが、主張し始め
    目立つようになりますので
    飾るのが難しくなっていきます(^^;


    そんな本数や種類が少ない時は
    思い切って、
    お花とお花、枝や草
    それぞれを混ぜずに高さや場所を
    区切って飾ってみましょう
    るんるん

    『活け花風の飾り方になります』


    反対に種類が多い時は、お花や緑が
    それぞれに隠れて、個性を出し難いものです。
    でも、ある程度のごまかしも効きます。
    ミックスという美しさですね☆

    お花がたくさんあり過ぎて配置に困ったら
    お花や緑、色と色をたくさん
    混ぜて飾ってみましょう
    るんるん 

    『アレンジや花束風の飾り方になります』

    お花の飾り方や
    テクニックは、無数にありますので
    一度でいろいろ伝えるのは
    難しいので、
    少しずつ
    アトリエ・月のみちかけ半月では
    なかなか教えてくれない、聞けない
    アドバイスなどを公開していけたらと
    思います♪

      by 風の花


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    categories

    月の満ち欠け カレンダー   今日の月の姿はこちら☆

    Today's Moon phase

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:102 最後に更新した日:2017/12/03

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM