◆人の作品を見てみる・・は、役に立ちますか??〜前編

0

    こんにちは!
    風の花です。
    所属する活け花の
    本部の展覧会に行ってきました〜ので

    少しご紹介してみたいと思います。

    こちらが東京にある本部会館です。
    ちょっとお洒落な感じ、
    建て直したのでキレイですね。


    いろいろな花器が飾ってあります♪
    どれも、大きい作品用ですね・・
    こんなの壺に活けたら、お花が入り過ぎて
    ¥いくらかかるやら(笑)
    花屋さん感覚なら、
    とんでもない量が入りますね〜

    そして、中に入ると一番最初に
    飛び込んできたのが
    こちらです!

    とにかく、、毎度
    大迫力・・デカいです
    桜の木がそのままって感じのボリューム
    大人が入れるぐらいの壺ですね(笑)

    一回のメインスペースには
    トップの会頭と副会頭の
    作品が展示されます。

    桜が数種類入っていますね。
    全部、満開の花見です。。
    咲く時期も
    考えると一か所では全部
    同時に見られないですから、、
    各地から市場に集まって来たんですね〜(^^;

    ソメイヨシノの他に

    ボタン桜(八重桜)


    ウコン桜、黄色〜白色の花を咲かせるサクラの園芸品種です。


    これは・・
    桜じゃないですね(笑)
    菊もも
    キクに似た花が咲く桃です。


    同じ花材を数種類
    使う時は、形や大きさを変えるか、色の濃淡で
    グラデーションを利用し、
    色と色を区切る。
    よく、アレンジメントや花束などを
    同色で作ると
    ぼやけてしまうのは、ココを
    実践出来ればレベルアップです。


    大事な唯一の白色は色と色を
    分けて、混ざらない様にしてます。


    上から見たところ


    ちなみに、壺の後ろ側まで行って
    覗けましたので、どうやって
    作ってあるのか・・研究できました(笑)

    こちらは
    同じ1階の入り口の作品
    枝を3種類ですね。ヤマブキとドウダンツツジ、ハナズオウでしょうか


    同じく1階、隣の作品
    ハナミズキや丹頂アリウム、おおでまりと続き


    こちらの、赤い花はオーストラリアのワラタ


    特に目を引いたのが、このフラリチアですね。
    下を向いた、アネモネの様な茎で、球根科のよう。
    今まで、扱った事ないので、、
    調べてみたら、新品種?


    珍しい花や、人と違う花材を使う!!
    目立たせたり、興味や印象を持たせる!
    これは、非常に効果的な作戦です。
    日常使いなら、特別な日に飾ったり、
    お店なら商品を
    作る時にも使えますね




    人の作品って、役立つのか!?
    自分が作ったのとは違うので
    賛否両論ですよね。
    実際、私もそんなに
    興味はありませんでしたが、、
    キレイだなって、何も考えずに思う
    花束やアレンジ、作品に出会った時に
    変わりましたね。。
    値段やその人の技術とかも知らないですが、
    何か伝わったのは、確かです。。

    それからは、良いなと思ったら
    ちょっと観察してます(^^)
    やっぱり、自分の中だけだと
    壁が出てくると思います、、
    特に注意するのは、上の立場や
    教える人になった時・・

    ある程度、出来るようになると
    余計な物が邪魔して、
    その先が見えなくなります。
    確かに、自信や経験があると
    なかなか、人のものを
    受け入れ難くなるのだと思いますが。
    (花関係の人と話すと
    特に、自分とスタイルが似ていない作品や
    イメージは拒絶・・って
    傾向の方も多いですね)
    でも、新しい発見がある可能性もあるので
    知ってみる価値はあると思うんですよね。
    あなたはどちら?(笑)

    (月の花さん 作成)

    もしも月のみちかけの
    2人の作るものが何か
    きっかけにでもなれば汗
    今までの経験やアドバイスを
    交えて、記事を書きつつ
    商品や作品も作っていこうと
    思います(^^)

     人の作品を見てみる・・は、役に立ちますか??〜
    後編へつづく


    by 風の花
     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    categories

    月の満ち欠け カレンダー   今日の月の姿はこちら☆

    Today's Moon phase

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:102 最後に更新した日:2017/12/03

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM